『薄暮』イメージアルバムレコーディング!

2018年10月1日(月) 記入:なべりん

早いもので10月です!

台風が去り、爽やかな秋晴れですね。スタジオ前にとめてあった自転車が横転していたのですが特に大事はなく…。落ち葉掃除の回数が増えていくことに季節の移り変わりを感じる今日この頃…!

監督ブログや『薄暮』のメールマガジンを読んでくださった方はお分かりかと存じますが、『薄暮』イメージアルバムの制作が決定しました!!

 

 

…ということで、先日行われましたレコーディングについて書いていきたいと思います!

場所は前回(http://twilight-anime.jp/nabe_blog/page/3/)と同じ新大久保のスタジオです。

6、7、8番と聴かせていただいたのですが全部で8曲ほどあるのでしょうか?鹿野草平さん作曲の『薄暮』がさらにスケールアップしていました。あまりのキラキラ感(表現が難しいのです)に涙腺が緩んでしまうほどです。

何、このなつかしさ……!」という感じです!(伝わりますように!)(笑)

 

ヴァイオリン、(アコースティック)ギター、エレキギター、ボーカルと様々なプロの方をお呼びしての収録でした!

山本監督は音楽面においては鹿野さんに信頼を置いており、主に鹿野さん主体でのレコーディングです。時には、その場で譜面を書き直したり、現場でしかできない微調整や細かな指示出しを繰り返して曲にしていきます…!


ヴァイオリンの指示をする山本監督。

 

突然ですが、イメージアルバムの楽しみ方というとどんなものがあるでしょうか?

例えば、楽器とキャラクターをリンクさせてみたり…!(笑)

『薄暮』の登場人物を楽器に例えると佐智がヴァイオリンであるのは容易に想像がつきますよね!では祐介は…?となると難しい……。これは憶測ですが、鹿野さんが(アコースティック)ギターの方に祐介の人物像について説明していたので、イメージアルバム内の設定では祐介がギターにあたるのかもしれません!個人的にギターがとにかく格好良くって!(笑)

一足先にこんな楽しみ方もいかがでしょうか?

 

8番は歌詞入りなのですが、なんと山本寛監とk…辛矢凡先生(笑)約3年ぶりの作詞です!!この作詞がまた良くて、スタッフ内でも「こんな歌詞思い浮かばない」と好評でした!しかも、鹿野さんとの初タッグ(辛矢先生と鹿野さん)となるとますます期待が高まります…!(山本さんと鹿野さんのコンビはアニメ『フラクタル』(2011)でお馴染みですよね!)

辛矢先生、もとい山本監督は言葉(の扱い)をとても大切にする方で、特にボーカル収録では指示出しの節々から言葉に対するこだわりが感じられました…!

 


貴重な8番の楽譜。


ボーカル収録中の山本監督と鹿野さん。

 

鹿野さん、古城さんを始めスタッフの皆様、夜遅くまで本当にお疲れ様でした!!素直に完成が待ち遠しいです!

この秋はやっと!『薄暮』のPVなど、少しづつ情報も公開していけそうなので、今後にこうご期待です!